伊藤園の水素水はコスパは良いけど水素濃度が低く、実用的に疑問が…

伊藤園の水素水ボトル

ある日近所のスーパーで物色していると、シルバーのアルミボトルに「水素水」とかかれた飲み物が山積みされていました。「おおっ?」と思い手に取ると伊藤園の文字。とうとう、大手の飲料メーカーも水素水に注目しだしたのか…?と思い、つい1本衝動買いしてみましたので、どんな飲み物なのか、ビガーブライトEXと比べてどう違うのか比べてみたいと思います。

内容量 410ml
水素濃度 0.3ppm~0.8ppm(充填時1.6ppm)
硬度 40
栄養成分 ナトリウム1mg カリウム0mg
購入価格 199円(税抜、1本)

特許取得の水素生成方法を採用しているが濃度は低め。

伊藤園の水素水のボトル裏面

大手だからさぞ水素濃度は高めなのだろう…とあまりしっかりパッケージを見ずに買ったのですが、家に帰って裏面をよく見ると水素濃度は生成時こそ1.6ppmですが、残存濃度は0.3ppm~0.8ppmはかなり控えめな数字。ビガーブライトEXの水素濃度が1.2ppmで実際に計測してみても、1.1ppmはありましたから、明らかにワンランクは濃度が低いと言わざるを得ません。あと、0.3~0.8というかなり大きな振り幅が気になります。。

それでもパッケージには、「高濃度かつ、抜けにくい独自の水素水生成方法を採用」と書かれていて、キャップに工夫をしてあるなど、ビガーブライトEXと同じく水素自体の抜けにくさをアピールしているようです。よくある話としてペットボトルの水素水は蓋を開けなくても勝手に抜けているということがあるので、それに比べると方法にこだわっているということでしょうか?

実際に開けた直後を測ってみると衝撃の結果が…

ちょうどビガーブライトEXの濃度を測った時に使った試薬が残っていたので、伊藤園の水素水でも濃度を測ってみることにしました。 買ってからちょうど2週間位、賞味期限も2016年12月14日(撮影日は2016年5月31日)となっているので、そこそこ濃度は残っていると考えていいでしょう。

早速キャップの開封と同時に試薬を使ってみると驚きの結果が… スマホのカメラで動画も撮ってみたのでご覧ください。

なんと、まだ賞味期限もたっぷり残っているのに濃度は0.5ppmしかありませんでした。。 念のため3回測ってみましたが、同じでした。保存も直射日光が当たるようなところには置いていませんし、普通に置いたつもりですが、、、 ビガーブライトEXなら、一日たっても0.8ppmは残っているのに、伊藤園は開けてすぐ飲んでも0.5ppmだったらちょっとがっかりですね。。もちろん、公表値の範囲内ではあるのですがね…

味はまろやか軟水で可もなく不可もなく…

あまりの濃度の低さにいきなりがっかりしたのですが、気を取り直して飲んでみましょう。
うん、味は非常にあっさりとしたなめらかな飲みくちです。これといって特長もないですが、クリスタルガイザーと似たような味わいなのでゴクゴク飲めると思います。これと飲み比べるとビガーブライトEXは水自体の濃厚さや硬度の違いを感じると思います。

ボトルには、水源などの情報は書かれていませんでしたが、後でホームページを見ると、岐阜県長良川水系の地下水を使用した天然水で、硬度40と書かれていたので普通の軟水とそう変わらないでしょう。栄養成分表を見る限りミネラル分もあまり入っていないようですし。

容量は410mlとビガーブライトEXよりも少なめ。残念ながら時間を置いての2回飲み難しそうです。というのもホームページには開封後4~5時間で水素濃度は半減するので、それまでに飲みきってほしいと書かれていますので…。確かにアルミボトルタイプだと、パウチのように人力で空気を抜くことができないので、どうしても空気と水素水が触れる部分が出てきてしまいますからね…。一気飲みする人だったら問題無いですが、私のような2度飲みの人には向かないようです。

コスパは良いけど、スペック的に買い続けるには疑問??

定価がいくらなのかわかりませんでしたが、私は近所のスーパーで199円(税抜き)で購入しました。ビガーブライトEXだとお試し価格で230円、定期購入でも280円と、90円弱の開きがあり、伊藤園が価格的にはお買い得ですね。

ただ、内容量は90ml少なめですし、水素濃度が公表値でも0.3~0.8ppm、購入したボトルで実際に測ってみると開封直後でも0.5ppmだったのはどうにもこうにもいただけません。。アルミボトル自体になにか問題があるのか、手元に来るまでの保存方法が悪かったのか伺い知れませんが、公表値の範囲内とはいえ、実際に水素濃度の低さを見て、やはりビガーブライトEXにはコスパ以上の価値を感じてしまいますね。

さらにミネラル分もあまり入っておらず、開栓後すぐに水素が抜けてしまい、2度飲みもできないのはあまり実用的ではないですね。この価格差があるにせよ、やはり私は濃度も高くて使い勝手もいいビガーブライトEXの方が飲みやすいと考えてしまいますね。

ビガーブライトEXを一番お安く買えるのは…

お試しセットかWEBスーパー定期!

初回お試し価格 30本で6,900円(1本あたり230円)

スーパー定期 30本で6,900円(1本あたり230円)※麗潤水1本付き

ビガーブライトEXの公式ページ