サーバー型、スティック型、アルミパウチ型のメリット、デメリット

水素水ってサイトを作るにあたって改めて調べてみると、けっこういろいろなタイプがあるんですよね。 サーバー型やスティック型、アルミパウチ型、ボトル型などなど。個人的には、元々アルミパウチ型しか試していないので、正確な比較はできないのですが、例えば宅飲みでの利用が中心の人だと、サーバー型の方が便利なのかも…? 実際のところどうなのか、それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのかを調べてみました!

サーバー型

こちらは浄水器のように、サーバーを設置して使用するタイプ。 普通のミネラルウォーターサーバーと違うのは、マグネシウムフィルターや電気分解方式などで水素を発生させるという仕組みがあるということ。

メリットとしては、自宅に設置しておけるのでいつでも飲みたい時にたっぷり水素水が飲めるという点。 デメリットは、水素分子が不安定なので、溶存水素量が低いものが多いのだそうです。。 水素水としての働きを期待するよりも、ミネラルウォーターにちょっといい効果がプラスされているかも…?くらいの気持ちで使った方が良さそうですね。

スティック型

棒状の粉末が入ったスティックをコップに入れて、水を注いで飲むタイプ。 メリットは、その場で水素を発生させるため、高濃度を売りにしている商品もが多いという点。できたての水素水が飲めるというわけですね。

デメリットは、どうしてもその場から空気に触れてしまうので、水素がすぐに抜けてしまうのですぐに飲み切る必要があります。しかも飲むたびに作らないといけないので、けっこう面倒そう…。 家で飲む分には良いですが、外出先で飲むにはちょっと向いてないでしょう。 ちなみに、似たような考え方でタブレットを水に溶かすタブレット型もあります。

アルミパウチ型

何重にもなっている(だいたいのメーカーは4重)特殊な構造のアルミパウチに、水素を充填した水素水そのものを閉じ込めているタイプ。 メリットは水素溶存量が多く、また開封までしっかり水素を閉じ込めてくれているという点。また、外出時にも持ち運びやすい点。このメリットは私も十二分に享受させていただいております。

デメリットは、開封するとどんどん空気が抜けていく点。 これは、スティックタイプと同じですが、アルミパウチ型の方が全体的にパッキングされているので、完全に空気に触れるスティック型ほどは抜けなさそう。

ちなみに、パウチは各メーカーがそれぞれ工夫を凝らして作っていますが、特に開封後も水素が抜けにくいつくりになっているものを選ぶことが大切ですね。

他にも、最近ではペットボトル型やアルミ缶ボトル型もありますが、ペットボトルだと、開封前でも水素がどんどん抜けていきますし、アルミ缶ボトルだと、缶とフタのすき間にわずかな空気が入ってしまっていて、購入時にすでに「ただの水」、もしくは水素濃度が低くなっている可能性が高いです。安く購入できますが、水素水としての働きが期待できないのであれば、普通のミネラルウォーターを買うのと同じですからね…。 現に伊藤園の水素水も私が購入した分は0.5ppmしか入っていなかったので…。

自分の生活スタイルに応じて選ぼう

今回、調べて感じたのは、自宅でよく飲む人はサーバー型かスティック型、自宅でも外出先でも飲みたい人は、アルミパウチ型が良いのかも、ということ。 できたての水素水が飲めるというスティック型は魅力的なんですが、棒を入れた水を飲むというのが個人的に抵抗感があるんですよね。タブレット型なら良いかというと、そういうわけでもなく…。 単純に気持ちの問題なんですけどね(笑)

家でも外でも飲みたい!という人は、やっぱりアルミパウチ型が良いかなぁと思います。冷蔵庫で何個か冷やしておけば、その場でもすぐに飲んでも良し、出かけるときにかばんに入れて持っていくのも良し、ですからね。

また、内容量もメーカーごとに違うので、それも選ぶ際のポイントになりますね。外でも飲むなら500ml入っていた方が安心だとは思いますが、そんなにたくさん飲めない、という方は飲みきりサイズや250mlや300mlくらいのものもあります。 いずれにしても、自分の生活スタイルや好みに合った続けやすいものを選ぶことが大切ですよ!

ビガーブライトEXを一番お安く買えるのは…

お試しセットかWEBスーパー定期!

初回お試し価格 30本で6,900円(1本あたり230円)

スーパー定期 30本で6,900円(1本あたり230円)※麗潤水1本付き

ビガーブライトEXの公式ページ