活性酸素はなぜ悪者なのか

活性酸素はなぜ悪者なのか

水素水を飲みたいな~というきっかけの一つになった「活性酸素」。
悪いものとして紹介されることが多いので、なんとなく「体にとってダメなもの」として理解している人が多いと思います。

しかし!実は活性酸素は本来は体に必要なものだというんです。
でも、増えすぎると良くないってあんなに言われているのに。一体どっちなの…?

そこで、「活性酸素」とはなんなのか、どうやって付き合っていくべきものなのか、じ~っくり調べてみました。

そもそも活性酸素とは??

活性酸素とは、酸化させる力が強い酸素のことです。 酸化力が強いというのは、イコール殺菌力が強いということでもあり、体内の細菌や病原菌などを退治する大切な役割を担っています。これだけ聞くと、活性酸素って体に必要で悪者じゃないのでは?と思いますよね。

なぜ活性酸素が、こうも悪者扱いされているかというと…活性酸素が増えすぎると、体内での酸化力が強くなりすぎて、正常な細胞にまでダメージを与えてしまうから。 細胞が傷つくと老化が早まり、その結果、お肌のシワやシミにつながったり、不調に陥りやすくなったり、体力が続かなくなったり…。

つまり、適度な量の活性酸素は健康や若々しさのために必要なものですが、さまざまな要因で増えすぎて老化を促進させてしまうため、悪者扱いされることが多いというわけだったんです。 活性酸素は体に必要でもあり、悪影響を与えるものでもある、ということは厚生労働省のサイトでも説明されています。

活性酸素はなぜ増えすぎる?

通常は、呼吸するだけで、取り入れる酸素の2%が活性酸素になると言われています。 しかし、さまざまな外的要因が原因で活性酸素はどんどん増産。その主な原因と言われる項目をまとめてみました。

ストレス

なんらかのストレスを受けると体は自分を守ろうとします。その際にも発生するのが活性酸素。しかも、ストレスは体内のビタミンCの消費量も増やしてしまいます。抗酸化の強いビタミンCが減ると活性酸素を抑えられなくなるため、より活性酸素が体内で大暴れということに…。過度なストレスは間違いなく健康にも美容にも大敵!ですね。

紫外線

紫外線は肌を傷つけ、活性酸素を発生させる原因のひとつ。一年中降り注ぎ、体内にもガラス越しに届くため、通年の対策が必須です。外出しない時でも日焼け止めは欠かせませんね。

たばこ

タバコに含まれるさまざまな有害物質が体内に入り込むと、体は自分を守るために活性酸素を発生させてしまいます。他の人が吸っているタバコの煙を吸い込んでも影響は受けるため、受動喫煙にも注意したいところです。

アルコールの飲み過ぎ

良い飲み方をすればストレス解消効果が期待できるため、飲酒は活性酸素対策に良いのでは?と感じますが、実はアルコールを分解する際に活性酸素が発生するそう。活性酸素対策の観点からも、飲み過ぎは禁物です。

汚れた空気

最近ではPM2.5の悪影響などがよく知られるようになってきましたが、この汚れた空気も活性酸素を増やす原因。大気汚染物質などから体を守るために活性酸素が発生してしまうのです。マスクの着用などで、なるべく汚れた空気を体内に入れないようにする方が良いでしょうね。

激しい運動

運動不足は健康の大敵だと言われていますが、逆に激しく運動をしすぎると酸素を取り入れる量が増えるため、活性酸素が増えてしまいます。健康のためには、無理をしすぎず、適度な運動量にとどめるのが良いみたいです。

増えてしまった活性酸素は抗酸化物質で除去を

このように活性酸素は日常生活のいろんな場面で増えていっていますが、これって普通に暮らしていたら避けようのないことばかりじゃない?と愕然としました…。 体を守るために必要なのはわかるんですが、増えすぎてシワシワになるのはイヤ!ということで、増えすぎた活性酸素はどんどん除去していきたいですね。

そのために必要になるのが活性酸素を抑える「抗酸化物質」。水素水以外にもビタミンCが抗酸化力が高いと言われていますから、水素水はもちろん、ビタミンサプリメントなどでも積極的に取り入れていきたいところです!

ビガーブライトEXを一番お安く買えるのは…

お試しセットかWEBスーパー定期!

初回お試し価格 30本で6,900円(1本あたり230円)

スーパー定期 30本で6,900円(1本あたり230円)※麗潤水1本付き

ビガーブライトEXの公式ページ